入会の案内

入会申込書

入会申込書、信仰基準、EMF会則はここをクリックしてダウンロードしてください。

入会のおすすめ

「主は、あなたのすべての咎を赦し、あなたのすべての病をいやし、あなたのいのちを穴から贖い、あなたに、恵みとあわみとの冠をかぶらせあなたの一生を良いもので満たされる。」(詩篇103:3〜5)

 EMFとは、Evangelical Medical Fellowshipの略で、福音主義医療関係者協議会といいます。EMFは、その名の示すとおり、福音主義信仰に立つキリスト者である医療関係者の集まりで、次の主張を強く世に告白するものです。

 私たちは、聖書が神の霊感によって記されたことばであって、そこには誤りがなく、信仰と生活の唯一絶対の規範であることを信じ、この会の信仰基準にあげられている信仰を告白します。

 このような信仰は当然、実践面において具体的な形にあらわれて来るはずです。すなわち、私たちはそれぞれ地域の教会に属し、教会の奉仕に忠実に励むことを第一としています。したがって、この会の活動が教会の奉仕よりも優先するものではありません。

 しかし、このことは決して教会毎に孤立することを意味するのではありません。教会はキリストのからだであり、地上の諸教会も正しい信仰に基づいている限り一つのものであります。その故に私たち医療関係者は、交わりを通して互いに協力し、神よりあたえられた使命としての医療および専門学術の研鑽にはげみ、世界的視野における福音の宣教につとめ、イエス・キリストの救いを証しすべく、1969年に協議会(EMF)を結成しました。

 ですから、この会に入会しようとなさる方は、このような基本的な信仰の立場を理解し、この会の会則に従って、入会を申し込んで下さい。

会員の資格

 

 この会でいう医療関係者とは、医師、薬剤師、看護師、介護福祉士等、法令によって免許証の与えられている医療従事者および社会福祉関係者(現在直接業務にたずさわっていなくても、免許を有する者は資格があります)と、その他免許をもたなくても、医療、衛生行政、医学(歯学、薬学などを含む)の研究、社会福祉の研究・教育などに従事している者、およびそれらの専門教育を受けている学生をいいます。

入会の手続き

 入会希望者は、所定の入会申し込み書に必要事項を洩れなく記入し、所属教会の牧師(牧師不在の場合は伝道者、長老など教会を代表する方)の署名・捺印をうけて下さい。牧師以外の署名の場合には、その方の教会における役職を附記して下さい。

申込書と同時に、申込者の自己紹介(履歴)と簡単な証し(イエス・キリストとの個人的な関係について、および入会の動機)を含めたお手紙を事務局へお送り下さい。

会員の区分

 会員には正会員と購読会員の区別があります。正会員は役員の選挙権と被選挙権をもちますが、購読会員はその権利をもちません。しかし、各種の集会への参加、機関誌への投稿は、正会員と同じようにできますし、すべての機関誌、会報、連絡などは同じように受けられます。

入会の承認

 正会員ははこの「てびき」のはじめにに書かれてあるような信仰の告白と実践を表明するキリスト者である医療・福祉関係者であって、幹事会によって入会を承認された方です。

 正会員の家族であるキリスト者、あるいはキリストを救い主として受け入れ、教会生活を続けているが、洗礼を受けていない医療関係者で、この会の信仰基準を告白する方は、幹事会の承認によって購読会員になれます。また,正会員として必要な条件が満たされていない場合にも、購読会員としての入会を承認されることがあります。

会員の義務

 入会を承認された会員は、速やかに規定の会費を納めて下さい。

 会員は入会申込書に記載した事項に変更があった時には、速やかにその旨を事務局に申し出て下さい。

EMFの活動

a.全国的規模において年2〜3回の集会(修養会、講演会、シンポジウム等)を開催します。

b.地方部会、職業別分科会、あるいはより小さなグループに分かれて、祈祷会、修養会、聖書研究会、伝道会などを行います。

c.機関誌「EMFジャーナル」を年3〜4回発行します。

d.随時、短い「会報」を配布します。

e.その他、会則で決められた諸事業を行います。

Copyright (C) 2008 Evangelical Medical Fellowship, All rights reserved.